種類も様々 | 大手企業に打ち勝つ中小企業〜アットホームさ武器に〜

大手企業に打ち勝つ中小企業〜アットホームさ武器に〜

MENU

種類も様々

エンジニアの転職での良い転職方法とは

エンジニアの良い転職方法ですが、給与や条件かとなりますが、ヒエラルキーについて説明します。 エンジニアの立ち位置ですが、一番上の立場はお客様の立場となります。ヒエラルキーでは頂点に位置しております。 お客様の立場で仕事をするので、ストレスが低く仕事はしやすいのではないかと思われます。 主に情報系の企業のシステム部門となります。 その次に位置する方々はシステムインテグレーター(通称SI)とよばれる方々です。 運用について考えたりする立場の方で、エンドユーザの御用聞きとなります。お客様の立場を考え、仕事を組み立てる役割ともいえます。 最後にSI業者に雇われるパートナー企業です。SI依頼に基づいて作業を行う立場の方々となります。 このように上位の立場に勤めたら良い転職ができると思いますので、ITの世界のヒエラルキーを理解すると、自分がどの立場で仕事をしたいのか見えるようになります。

平均的な報酬額について

エンジニアの採用について様々な報酬額がありますが、採用に際して、インフラエンジニアであれば運用系、構築系と別れ、アプリであれば、プログラマやシステムエンジニアと採用の選択が複数あります。 エンジニアの価格でありますが、駆け出しのエンジニアについては無料で雇用先にアサインすることもあります。これは、まだ何も知らないので教育として勉強をしてもらうを兼ねて無料にすることもあります。 1年から3年程度のある程度なれた技術者であれば45-55万程度が相場となり得ます。 SEクラスになると60-70万程度で費用交渉があります。 マネージャクラスとなると100万を超えるケースもありますし、コンサルタントであれば150万以上という 報酬の場合もあります。 このように採用額はそれぞれですが、高額の報酬をいただきたい場合はマネージャクラスの仕事やコンサルタントを目指すと年収アップにつながるのではないでしょうか。